業務の流れ

業務の流れの基本

(1)相談者・依頼者様
*法人
*個人
※ ①無料相談会・②街頭無料相談会の活用
①Lホール(月1回)
②駅前広場(年1回)

(6)行政(手続)業務
*建設・宅建・古物 等
許認可 等の3つの要件
人=人的 要件
物=物的 要件
金=財産的 要件


(9)民事(手続)業務
*遺言・相続・贈与 等
※ 追加事項 別紙 参照
1=エンディングノートの活用
(* 付言事項をメッセージとして盛り込む)
2=遺品整理・生前整理

(2)三本の柱
1ページ目参照してください。

(7)業務区分より~お問い合わせください。
A~H=報酬一覧表より選択・入力してください。

(10)業務区分より~お問い合わせください。
I =報酬一覧表より選択・入力してください。

(3)お問い合わせ
2・3ページ目参照してください。
(6・7)を参照してください。
(9・10)を参照してください。

下記(5)を参照してください。
(8)委任・受任行為~業務の着手・業務の遂行・業務の完了
*事実関係調査業務
*書類作成業務
*提出代理業務
*各種ロードマップの作成
*アクションリストの作成
(11)委任・受任行為~業務の着手・業務の遂行・業務の完了
*事実関係調査業務
*書類作成業務
*提出代理業務
*各種ロードマップの作成
*アクションリストの作成
(4)業務の流れ
*基本ロードマップ
1=引合い~予約受付:相談業務・事実確認業務(4=関連性あり)

2=面談~予約受付:費用負担発生(*30分~1時間:5千円~1万円)
*各種チェックシートの使用(・内容に応じて)

3=業務着手~委任・受任行為(*法律事務委任契約:下見積・本見積=着手金・手付金の発生「半金」)

*委任・受任契約メモ(※ 引合いメモ・面談メモの使用)
①業務の内容
②業務の範囲
③業務の開始
④費用・報酬:*実費負担「着手金:手付金より(一部)」
⑤免責事項:*倫理問題 等
⑥特約*その他の事項 等

*注意事項:本人確認資料の提示を求めます。

*業際問題~アドバイザー・パートナーについての説明をします。

4=業務遂行~事実関係調査業務(1=関連性あり)(*書類作成業務)

5=業務の終了・完了~提出代理業務・手続代理業務(*報酬発生:精算等)

6=入金確認:(*ご注意:同時履行・現金のみ)
7=アフターフォロー:特に・行政手続業務(民事手続業務)を想定しています。

*引合いメモの使用~ポイント例
1引合い日時
2相談者
・氏名・電話・メール
3相談内容
・何を ?
・いつまでに ?
・どうしたい ?
4業際問題
・有・無
・有の場合の対応
5面談日時
6面談場所
・事務所・相談者宅・その他
7相談料
・有料・無料
8備考
*面談メモの使用~ポイント例
1面談日時・場所
2相談者
3準備
・アドバイザーへの相談
・パートナーへの協力の打診
・確認事項
・見積書(下見積)
4事実関係
5受任の判断
・業際問題
・業務範囲・範囲内
・範囲外
・パートナーへの紹介
・する・しない
・紛争性・有
・弁護士の紹介
・する・しない・無
・倫理問題
・有・無
・受任
・する・しない
6ロードマップの提示
7業際問題の説明
8アドバイザーの関与の説明
9見積の提示
10委任契約の締結
11委任状の交付
12提出書類の指示
13帳簿の記載
14報酬請求
15連絡方法
・携帯・固定電話・メール
16次回打合せ
・日時・場所
・打合せ内容
17その他

(5)依頼の手順
上記(3)を参照してください。
*依頼の目的の確認をします。(※ 目的の「秘匿行為」には、特に・ご注意ください。)
*依頼の要望の確認をします。

*依頼の目的の確認
※ 免責事項:*倫理問題 等
左記(4)⑤ を参照してください。
*依頼の要望の確認